カラコンのWrap-In構造

カラコンのWrap-In構造

レンズ素材で着色部分を包み込んだラップイン構造



色素がまぶたや角膜などに直接触れない安心なつくりです。
全て機械によって作れる方法なので、より正確なレンズに仕上がっています。
またレンズのふちはなめらかにつくられ、レンズを薄くすることができるので、違和感なく快適に装着することができます。