カラコンは水道水厳禁!専用洗浄液で!

カラコンは専用洗浄液を使用しましょう。

職場に付けたカラコン・ソフトコンタクトはケアが必要です!
洗浄して消毒してあげるのがベストです。
そこでちょっとケアの仕方を教えます〜★


オプティフリープラス



オプティフリープラスとは

オプティ・フリープラスだけの「デュアルアクション」洗浄システムは、クエン酸と新洗浄成分の働きでレンズから汚れを引き離し、こすり洗いの効果を一段と高めます。
なかなか落としづらいタンパク質の汚れもクエン酸が保存中にすっきり取り除きます。

洗浄液は オプティフリープラス をおすすめします!

ご購入はこちら⇒ オプティフリープラス

ケア方法を間違えると大変な事に!

カラコン・ソフトコンタクトを洗浄する時、とりあえず水道の水を使って洗い流したりして装着は厳禁です!

なぜかというと、水道水の中に生息する微生物(アカントアメーバ)がが眼球とコンタクトレンズの間でも増殖し得るため、日本やアメリカではコンタクトレンズの使用に伴う角膜炎が多く報告されています。
場合によっては失明につながるといわれています。


アカントアメーバ

そして、水道水ですすいだソフトレンズの内部にアカントアメーバが侵食すると、涙では流しきれずに、長時間角膜上に滞留して、最悪角膜上に溜まりやすいアメーバの栄養分(タンパク質、脂質など)をエサに角膜上で繁殖していきます。

常に、カラコン・ソフトコンタクトは清潔に洗浄を保つことが大切です。

ソフトレンズは保存液につけましょう

ソフトレンズの性質は、レンズ自体の40%弱〜70%程は水分でできております。
ハードレンズと違って乾燥に弱く、ソフトレンズを保存液に付けないで空気中に放置しておくと縮んで小さくなってしまいます。

ソフトレンズの洗浄方法と注意

毎日しっかり、清潔に保つことが目にやさしく安全なんです!
洗浄液は オプティフリープラス を使います。



とてもデリケートで清潔に保つ為に、ソフトレンズの洗浄する前にまずは、

石鹸で手を洗って清潔にしてから、レンズをはずします。

@カラコンレンズのこすり洗いを行います


使用したレンズはかなり汚れています。
なかなか落としづらいタンパク質、脂質の汚れをこすり洗います。

オプティフリープラス を使って擦り洗いします。

洗ったレンズを手のひらの上にのせ、本剤を数滴たらし、レンズの両面を各々20秒ほど指でこすり洗いします。

Aカラコンレンズをすすぎます

レンズの両面を本剤で、完全に残留物が取り除かれるまで(もしくは20秒間以上)十分にすすぎます。

Bカラコンレンズを消毒・保存します

レンズケースに本剤を満たし、レンズを完全に浸し、レンズケースのふたを完全に締めます。
4時間以上放置しておけば消毒が完了します。
本剤ですすいでから、レンズを装着します。

レンズを取り外す際には、使用の都度ケース内の液は捨て、毎日新しい液を使用して下さい。
レンズ装着後のレンズケースは空にして、新しい本剤でよくすすぎ、かならず自然乾燥してください。

ご購入はこちら⇒ オプティフリープラス